豊胸手術のあれこれ!美容外科(脂肪吸引)

豊胸手術はバランスのとれた理想のバストを手にすることができます

これまでの実績を参考に選ぶ豊胸

どんな医師の元で豊胸手術を受けたいかという事を考えた時に、やはり自分が理想として思い描いている豊胸のイメージと同じ様にしてほしいという人は多いと思います。

また、その他に安全も配慮してくれる医師がいいという人もいるでしょう。豊胸手術というのは、医師の腕も大切の様です。

それであれば、できるだけこれまでの豊胸手術の実績が多い医師にお願いしたいという人も多いでしょう。

実績が多い医師というのは、豊胸手術の中でいろんなケースがあり、対応してきています。ですので、信頼できる事も多いでしょう。

医師が行ってきた手術件数などは公開されている事もありますが、分からない時には質問する事も可能です。

脂肪吸引を用いた豊胸手術方法のメリット

脂肪吸引・注入豊胸というものは自分の身体から採取した脂肪細胞を、バストに注入し定着させることによるバストアップの美容整形手術です。そのメリットとしてはいくつか挙げられるのですが、大きなポイントは自然さです。自分の身体から採った脂肪細胞を使うため、シリコンやヒアルロン酸を入れるのと比べて、とても自然なバストに仕上がるのです。また、注入するものは自分の脂肪細胞であるため、拒絶反応が起こらないということも大きなメリットです。脂肪注入豊胸は、自然な仕上がりを期待でき、かつ安全性の高い手術方法と言えるでしょう。

豊胸手術の後は下着のサイズも注意

豊胸手術を行う場合、術後下着のサイズが変わることになりますので、しっかりとサイズをチェックしてください。当然ですが、美容整形が終わった後は、しばらく痛みが残っている状況もあります。

脂肪注入で行っているなら良いですが、シリコンを入れている場合には痛みが強くなるので、サイズの変更はもちろんのこと、ノンワイヤーの下着なども活用してください。

ワイヤー入りの下着により圧迫していることで、余計に辛さを感じることになります。圧迫されないような方法を使いながら、ゆっくりと豊胸している胸を包み込むことのできる下着を使用してください。ある程度慣れて痛さが引いてきたらワイヤー入りの下着を装着すると良いです。

メスを入れずにできる豊胸手術

豊胸手術と聞くと、昔からの歴史があるシリコンバックを挿入する方法が思い浮かぶかと思います。実はそのほかにも美容整形には、バストアップする方法があります。メスを入れずにできる豊胸手術としてヒアルロン酸での豊胸術や、脂肪注入法での豊胸術などをあげることができます。

シリコンバックほどバストアップはできませんが、自然なバストアップを期待する人には適した施術方法になるでしょう。どの施術方法にするかは、理想のバストの大きさや体質などにもよりますので、担当のドクターと相談をしながらすすめていくようにしましょう。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

豊胸関連

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科でお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。