豊胸手術のあれこれ!美容外科(脂肪吸引)

豊胸手術はバランスのとれた理想のバストを手にすることができます

サプリを活用して目指す

手術はできるだけ行いたくないから、という理由でサプリを活用して豊胸を目指す人もいます。サプリは定期的に服用するだけですので、痛みもなく楽ですね。

しかし、副作用には十分に注意したい所です。海外から輸入した豊胸効果のあるサプリを服用する人もいます。海外のサプリでは日本では使用されていない成分が含まれる事もあるそうです。

また、特定の成分だけを多く摂取する事になりますので、副作用の様なものがある場合も考えられます。

サプリだからと信用して飲むのではなくて、しっかりと安全かどうか調べましょう。ネットでは簡単に手に入りますが、そのサプリがどのような物かしっかりチェックしたいですね。

脂肪吸引施術を利用した豊胸の方法について

豊胸についてはいろいろな方法があります。シリコンバック挿入、脂肪注入術、ヒアルロン酸注射などです。いずれも美容整形のクリニック、病院で行う手術であり、その中で脂肪吸引を伴う脂肪注入による豊胸手術は、自分の体の気になる場所、例えばおなかや太ももなどの脂肪を吸引して痩身もできるとともに、自分の細胞であるためにアレルギー反応や拒絶反応の可能性も少なく、最終的には触り心地も自然な柔らかさとなるために、よく行われる術式であります。

治療のための手術ではありませんので、費用は比較的高いですが、自分のコンプレックスを解消することができるのであれば、考えてみてもいいかもしれません。

豊胸手術を受けた後に気を付けること

美容整形の脂肪注入による豊胸手術を受けた時には一体どのようなことに気を付けていったらいいのでしょうか?まずはダウンタイムがあることを忘れてはいけません。まずお風呂やシャワーは術後3日間禁止です。

ですので、3日ほどは人に会う予定を作らない方がいいでしょう。湯船につかれるようになるのは術後1週間程度たってからです。また元々大きくするための施術ですが、それだけではなく腫れが出ます。気になるのはよくわかりますが、触らずにそっとしておきましょう。また定着していない時に不用意に触ってしまうと形が崩れてしまう可能性があります。

女性はどうして豊胸手術を受けるのか

美容整形の豊胸手術は、自分の脂肪注入でできるまでになりました。女性が豊胸術を受けたいと考える理由は、男性の目があるというのも一つかもしれません。女性の活躍が叫ばれ続けていますが、現実と理想にはギャップがあります。

女性は仕事も家庭も、母親も妻でもいなければなりません。子育てが終わると、キャリア形成しようと思っても介護が待ち構えているかもしれません。それでも、女性は男性にとって常に女性です。

女性の活躍は、女性だけの問題ではなく男女ともの働き方、暮らし方を考えていくべき問題でしょう。女性の生活の質が上がるなら、豊胸手術のような整形手術を受ける選択肢もあるでしょう。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

豊胸関連

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科でお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。

メニュー