豊胸手術のあれこれ!美容外科(脂肪吸引)

豊胸手術はバランスのとれた理想のバストを手にすることができます

美容外科で行われる脂肪吸引と多汗症治療

美容外科で行われる治療のひとつで、ダイエットの即効性も非常に高い「脂肪吸引」とは、皮下脂肪を破砕したうえで吸引切除する痩身目的として行われる美容手術です。治療部位は腹部や大腿がメインとなりますが、下腿、上腕、臀部、頚部などについた皮下脂肪が治療対象となります。

日本国内で行われる脂肪吸引1~3L程度の脂肪吸引が一般的とされています。また、美容外科ではレーザーを用いた多汗症の治療も行われています。この治療法では皮膚を傷つけることなくアポクリン汗腺やエクリン汗腺にレーザーを直接照射することで汗腺を燃焼されることで多汗症を治療する方法です。

脂肪吸引をするなら再利用し豊胸手術もしましょう

ウエスト周りや背中、太もも周りなどの余分な脂肪を採取し、採取した脂肪を豊胸手術に再利用することができます。採取した脂肪は、血管などの不純物を含まない良質な脂肪で、肌触りが良いので、胸に注入しても自然な仕上がりにすることができます。

脂肪吸引を行っているため、ウエスト周りなどの部分痩せにも効果があり、簡単に痩身な身体を手に入れることができます。美容整形業界はどんどん進化を遂げているので、技術向上はもちろんのこと、安心して治療を受けることができるようになっています。とても多くの人が手術を行っています。

スタイルを維持したい女性に人気な脂肪吸引

おしゃれを楽しむ女性にとって、どうやってスタイルを維持していくかという問題は大きな悩みのひとつでしょう。無理な食事制限は栄養が偏ってしまいがちで、健康にもよくありません。美容整形の脂肪吸引であれば、理想のスタイルを手に入れることができます。

二の腕などの脂肪をピンポイントで吸引することもできるので、なかなか脂肪が落ちない気になる部分もスリムに変身させることができます。また、施術を受ければすぐに見た目が変わるので、長期間つらい運動を続けるよりも効果がはっきりとわかるというのも支持されている理由です。

太い部分を脂肪吸引で取り除く

かなり太いと感じる身体の一部から脂肪吸引で余計なものを取り除くことで、綺麗な体に仕上げることができます。もっと細く見られたいと思っている時、脂肪がその欲求の妨げになっている可能性が高いので、まずは余分な脂肪なのか確認してもらいます。

美容外科で診てもらうことができれば、後は脂肪を取り除くための契約を行って、太く見えているところを細くしていきます。細く見せるためには、脂肪吸引でどの部分から取っていくのかも重要になりますが、そこは美容外科がしっかりとプランを考えてくれるので安心してください。しっかり施術を受けることによって、かなり体の細さを感じられるようになります。

脂肪吸引もvaserで出血を軽減

脂肪吸引には、出血する問題も発生していました。出血が多くなってしまうと、人体に影響が出る可能性が高く、止血を行うのも大変な行為です。そこで採用されるようになったのがvaserです。利用していくことで、出血を最小限に食い止めつつ、最大限の脂肪吸引を行えるようになりました。

現在は多くの美容外科でvaserを採用している傾向があり、安心して脂肪を吸引できる状態になっています。同時に、豊胸についても簡単にできるようになってきたので、豊胸と脂肪を吸引するという作業を一緒に加えることができます。しっかり脂肪を取り除いた上で、胸を大きくする方法を採用できるのは大きいです。

脂肪吸引とvaserと従来と違う点について

脂肪吸引の人気機械であるvaserは、今までの機械とどう異なっているのか知らない方も多いでしょう。また、その違いが豊胸手術にどのような影響を及ぼしているのかも気になります・

今までと大きく違っているのはなんといっても脂肪そのものを除去して、胸に動かしているのではなく、細胞そのものを除去して動かしているのでより定着率が高いのです。細胞を動かすというのは脂肪ができるスペースを、脂肪がついていた場所から胸に動かすということで、脂肪ができやすい場所を胸に動かすことができるのです。その場だけ胸が大きくなるのではなく今後の成長も見込める所がより心惹かれる所ですよね。

VASER 彫刻脂肪吸引 (6つに割れた腹直筋)

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京

脂肪吸引関連

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科でお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。

メニュー