豊胸手術のあれこれ!美容外科(脂肪吸引)

豊胸手術はバランスのとれた理想のバストを手にすることができます

TOP > 美容整形 > 豊胸 > 豊胸手術 > 豊胸手術に伴う腫れ

豊胸手術に伴う腫れ

たとえ簡単な豊胸手術であったとしても、手術を受けると腫れが発生するという事も多いに考えられます。豊胸手術に関する腫れはしばらくするとなくなる事が予想されますが、気になる事もあるでしょう。

また、豊胸手術では腫れだけではなくて、しばらく痛みが伴う事もあるかと思います。どの様な豊胸手術であっても、術後すぐにきれいになるというのは難しいという事が考えられますが、豊胸手術の内容によって、腫れや痛みが長引く期間というのは違ってくる事もあると思います。

また、個人差も影響するという事が考えられます。あまりにも、回復が遅い場合や、悪化してしまったりする様な事があれば医師に相談したいですね。

豊胸関連

脂肪吸引の後、豊胸をおこなう

脂肪吸引の脂肪を利用としてバストアップをおこなう事は、最近になって豊胸の施術として一般化されるようになってきました。一番のメリットとしては、自分の脂肪でおこなうことになりますので自然な仕上がりを期待することができます。

しかしながら、その一方で大きくバストアップする事は出来ませんので、その特性をしっかりと熟知したうえで美容整形を受ける必要があるでしょう。バストアップをおこなう方法としては、そのほかにおいてもシリコンバックを入れたり、ヒアルロン酸を注入することで実現することができますので、比較をしておこなうようにしましょう。

豊胸手術でおすすめの施術方法は

豊胸手術は、多くの人が受けている美容整形手術となっています。特に人気の高い施術方法が脂肪注入法で、自分の余っている脂肪を取りだし、胸に注入する方法で、ダウンタイムも短いですし、肌触りも良いので人気があります。

自分の脂肪を使うことで、安定率も良いので、拒否反応などを起こすこともないので、安心して施術を受けることが出来ます。他のシリコンバック注入法などもありますが、レントゲン写真などに写り込んでしまったり、安定率に問題があったりするので、脂肪注入法が一番人気の高い豊胸手術となっていて多くの人施術を受けています。

豊胸手術はこのような施術方法があります

美容整形手術の中で、豊胸手術は人気のある整形手術となっています。施術方法がたくさん開発されており、自分の理想の胸に応じて施術方法を変えることが出来ます。特に人気なのが、脂肪注入法とシリコンバック注入法で、脂肪注入法は、自分のいらない脂肪を取りだして、胸に再利用する方法です。

脂肪なのでとても柔らかく、注入後の肌触りが自然の胸とあまり変わらないくらい品質が良いです。シリコンバック注入法は、自分好みのシリコンバックを注入するので、全く胸が無い方でも大きくすることが出来ますし、柔らかさも好きに選ぶことが出来ます。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

脂肪吸引、豊胸などの美容整形の情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

脂肪吸引、豊胸術などの美容整形の情報が疑問点はお近くの美容外科でお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には多くの美容外科があります。多くの美容外科の中からあなたにあった美容外科クリニックをお探しください。

メニュー